基準が物事を左右する


こんにちは!       スタッフの鬼山(きやま)です。

 

 

 

外の暑さが段々とキツくなってきていますね。

汗っかきの僕は毎日ハンドタオルが欠かせません…。

 

 

 

本日は物事を決める基準、きっかけについて書いていきたいと思います。

 

 

 

突然ですが皆さんはお家を引っ越しされる際、何を基準にして次の家を決めますか?

 

 

 

部屋の広さ?   金額?   仕事場、駅、学校などからの距離?   周りの施設の充実さ?

 

 

 

そこは人によって理由は様々だと思います。

 

 

 

これが一軒家を購入するとなると事が重大なので慎重に選びますよね。

 

 

 

そこでこの『基準』というのが重要になってきます。

 

 

 

最近ある人に、学生の頃整骨院に就職しようと思った際何を基準として探したの?と聞かれた事がありました。

 

 

 

僕は、肩こり、腰痛などの慢性的な症状を根本から治せる治療技術が学べ、尚且つ他の整骨院と一味違ったことをやっているという所をベースに置き探していました。

 

 

 

専門学校に通っていた頃、たまたま当院の院長のセミナーを受けられる機会があり、そこで変わった治療法などをやっているなというのが深く印象に残り、色んな整骨院を見学し周ってみましたがやはり院長のやっていたことのインパクトが強くここなら自分のやりたいことができると思い、たかこ整骨院に就職することに至りました。

 

 

 

僕の中で就職というのは人生の大きな分岐点だと思ったので、整骨院を選ぶ基準は時間をかけてかなり考えました。

 

 

 

そのお陰で毎日勉強の日々ですが、非常に充実した日々を送っています。

 

 

 

何をするにも基準というのは考え、行動する為の土台、コアの部分だと僕は思います。

 

 

 

その土台がしっかりしていないと最初の方は良くても自分の希望、理想とちょっとでも違くなってくると一気に不信感を覚え後悔をしてしまいます。

 

 

 

そんなことにならないようにするには、しっかり理想(ゴール)を見据えそこに辿り着くために基準をしっかりつくりその上で行動することが大事だと思います。

 

 

 

何かを決断する際は、未来の自分の為に時間をかけてでも考える時間を設けてみてください!