痛めたままにしないで!


こんにちは!   スタッフの鬼山です。

 

 

 

足首の捻挫、治療せず放っておいた経験ありませんか?

 

 

 

何回も捻った事あるけど数日したら良くなったから何もしていない、というそこのアナタ!

 

 

 

その捻挫、その後のアナタの身体に悪影響を及ぼす危険があります…

 

 

 

そもそも『捻挫』とは…

 

 

 

関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。

 

 

 

靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫、靭帯の一部が切れるものを2度捻挫、靭帯が完全に切れるものを3度捻挫と定義しています。

 

 

 

 

 

 

 

一般的にはこう言われています。

 

 

 

腫れや痛みが強かったら治療院等の病院で治療を受けるかと思いますが、軽い症状のモノは放って置かれることが多いです。

 

 

 

ただ、痛みはなくなっても完全に治っているワケではないので再受傷する可能性が高くなります。

 

 

 

更に、その捻挫が原因で、脛(すね)、膝、股関節に痛みが出るケースがあります。

 

 

 

実際、当院でも学生の子で痛みの原因が昔した捻挫が関連していた事がありました。

 

 

 

なので軽い捻挫でも甘く見てはいけないのです!

 

 

 

将来の為にも、捻挫をしてしまったらいつでもご相談ください!