子どもも猫背になるの?


こんにちは!

スタッフの丹野です!

 

最近は姿勢が悪い子が多いため、「猫背」について書いていきます。

 

・集中力がない

・フラフラして落ち着いて立っていられない

・子供なのに肩が凝る

・よくつまづくことがある

 

などの傾向があるお子さんは一度チェックをしてみてください。

 

最近ウチの院に来て頂いている患者さんの中では、

猫背のせいで膝が痛くなってしまった小学6年生や猫背のせいで腰

が痛くなってしまった中学2年生の子達もいましたね。

 

ゲームや携帯電話、マンガなど原因はいろいろ考えられますが

 

そもそも皆さん猫背の基準って知ってますか?

あまり知られていないのですが、立ち姿を横から見たときに

①耳

②肩

③股関節

縦に一直線になっているか!!!

これが本当に重要になってきます!

子どもの画像ではないのですが(笑)

この基準は大人も子供も高齢者もみんな一緒ですよ!!!

 

少しぎこちない感じはしますが、このぐらい耳~肩~股関節のラインが真っ直ぐであれば良いです!

 

ただこれが

肩が前にでてしまったり

このように耳が前にでてしまったり

ひどいと両方前にでてきてしまうこともあります!

 

便秘や下痢などが頻繁にあったりする人の場合は食事や栄養が原因で猫背になってしまうこともあるので、気になる方は一度ご相談ください!

 

しかもこの猫背のままスポーツをしていたりすると膝が痛くなったり、カカトが痛くなったりすることもあります!

最近思うような動きができないのは猫背が原因なこともあり得るわけですね!

 

痛い、痛くないに関係なく①耳②肩③股関節、がずれている時点で体には何らかの障害は出てくるので、治療をオススメします。

なんていってもギックリ腰をして院に来られる方は昔から親から姿勢が悪いと言われていた方がめちゃくちゃ多いですから!

今のうちから解決策を知っておきましょう!

 

僕も学生時代に野球をやっていて背中が丸いせいで肩がうまく上がらず、肘がいつも痛くなっていました。

もっとはやく本来の身体の位置を知っていればもっともっと上手くなれてたと思います。

そう考えると悔しいですが同じような子を一人でも減らせるよう日々考えて治療しています。

 

終わってから反省は必要だと思いますが後悔がないように一緒に頑張りましょう!