オスグッド病の施術方法


スポーツをしている成長期の子供に多く発生するオスグッド病

 

膝のお皿の下の骨の部分に痛みを伝え感じ、痛みを我慢しながら練習すると

骨が飛び出てきたり、しゃがめなくなったりする厄介な症状

多くの病院、治療院ではモモの前の筋肉が硬くなるのが原因と伝え、

しばらく練習を休まないと治らないと言われる事が多いようです

 

当院ではオスグッドの施術は独自の方法で行なっています

なぜ独自の治療にたどりついたのか?

それはこの写真がきっかけです

ひざが痛いのに、ももを曲げられるわけないじゃん!

と思ったのです。

そこからハワイ大学、インドネシア大学、チュラローンーコーン大学で

解剖実習を行い、その原因を自分なりに突き止めたのです

 

当院では、他の病院や整骨院のように
モモの前である大腿四頭筋をひたすらもんだりはしません

理由は意味がないからです

まず最初にする事

ひざの痛みの原因をしっかりと鑑別する事です

検査なくして治療とは言えないからです

当院では基本的にタイプを4つにわけます
①股関節型
②足首型
③胸椎型
④複合型

このタイプを分けずして施術を行うと結果がうまく出ません

 

具体的な施術方法は別の機会に(^^)

何事も検査に始まり検査に終わる

これが正しいオスグッド治療だとご理解下さい

オスグッドで悩んでいる方は

ご連絡下さいね!