症例報告㉒(背中の痛み)


症例

60代 女性 背中の痛みを訴え来院

 

既往歴

朝起き上がろうとしたら痛かった

一年ほど前に腰を痛めて通院していた

 

検査状況

首の前屈、側屈、右回旋、左肩挙上で背中に痛み

腰左回旋

腸骨左PI、IN

 

施術方法&結果

以前腰を痛めていた時もカラダの捻じれがあり、

今回も左腸骨の捻じれが大きく座っている姿勢が左に傾いていた。

その傾きを押さえて首を動かしてもらうと痛みが軽減。

腸骨の位置から調整した。

3回で首を動かした際の痛みはほぼ改善。

 

課題

背中の硬さが残っているので、広背筋、菱形筋の柔軟性アップ。

 

今回の黒幕

カラダの捻じれがある状態で介護の仕事のなどの上半身の使い方の悪さから

今回の痛みになったと思われる。

 

今回は痛めてすぐ来てくれたので改善も早かったと思います。

少し様子をみたらよくなるかな?

と言う方も多いですが、我慢するほど改善しづらくなります。

早めの対処が大切です。