どうゆう時に保険使えるの?


いつもブログをご覧いただきありがとうございます

今日は

「どういう時に健康保険が使えるの?」

「どういう時は使えないの?」

です。

整骨院で取り扱う健康保険は療養費といって病院と取り扱いが違うのです

整骨院で使える健康保険は

ねんざ・挫傷(肉ばなれ)・打ぼく(うちみ)・骨折・脱臼

のみです。

も~~~~~~っとわかりやすくいうと

急に痛めた

急にスジをちがえた

 

という急な痛みが健康保険の適用です

さらに

「いつ?どこで?なにをして?痛めた?」

と問診表に書けないと保険は使えません!

(しかも2週間以内のもの、病院と同日に来てはダメ)

 

先日

「妊婦の治療は保険が使えるの?」

こんな質問を頂きました

妊婦の治療が保険が使えるかというより

先ほど書いたように

「〇月〇日」

「おうちで立ち上がろうとした際に、グキッとひねった」

と原因がハッキリわかる場合は保険適用も考えられます

(当院では微妙な症状の場合はすべて患者さんの健康保険組合に

電話で確認しています)

 

産後においても同様です!

 

☆じつは・・・

健康保険の治療の方が良いわけではない!

この事実を知らない患者さんは多いのでビックリしています

 

健康保険を使わない施術を自由診療と言います

健康保険には様々な制約があるのですが、

自由診療は、名前の通り自由!

ずっと前からの隠れた患者さんの痛みの原因

実は前から気になってた所

の施術も受ける事が可能なのです

 

まとめ!

 

痛みの原因がハッキリした「ケガ」

なら通い詰めて早く改善した方がよいですし、

慢性的な症状なら3ヶ月かけて確実な改善を自由診療である

「全身調整」で実現させていきましょう!

 

※現在、隣に機能改善、スポーツパフォーマンス改善を目的とした

 ジムスペースの開設を検討しています。

 目的

 ・中高年がいつまでも歩ける、走れるの土台作り

 ・目標をもった子供達への正しいトレーニングの普及

 ・オスグッド・シンスプリント・足首ねんざの独自リハビリプログラムの作成

 ・中高年でも出来る股関節強化

 等

どれ位の需要、どれ位の金額設定なら需要があるのか知りたいので、

 ご興味のある方は来院時にお伝え下さい。

 パーソナルトレーニング

 機能改善塾(学習塾のように年代別、時間帯を決めて少人数のグループレッスン)等

 皆様の声と採算が合うのであれば実現出来るよう尽力します。

 また余った機械や器具購入に対してご協力頂ける方がいましたらよろしくお願いします

 

たかこ整骨院では最新情報や限定情報を

LINE@で配信しています!

登録してスタンプで返信して頂いた方には酸素カプセル1回プレゼントします!

ご登録はこちら!

https://line.me/R/ti/p/%40tvh3510r