症例報告⑫(変形性膝関節症)


 

症例

60代女性 歩いていて脚をついた際に疼痛を感じて来院

 

通院歴&診断名

整形外科にて膝関節変形症と診断され、痛み止めの注射を処方された。

その後ヒアルロン酸の注射もしていた。

 

既往歴

18才の時に右足関節捻挫

 

検査所見

右膝関節 伸展制限

右パトリックテスト 陽性

右鵞足付着部圧痛

左PI

 

施術方法&結果

昨年11月下旬から重いものを持った際に痛め、

それ以降痛みを感じながらも歩く作業の多い仕事を続けた結果、

膝をかばい右の殿部にも痛みを感じるようになった。

 

膝の痛みに関しては鵞足炎の要素が強いと考え施術。

 

治療を開始して1ヶ月ほど経つが歩き方は真っ直ぐ歩けていて、

改善はされて来ているがもう少し膝が伸びてくることが課題。

 

課題

お尻が落ちてしまい、背中が丸くなっている歩き方の改善

大腿内側筋の強化

膝の完全伸展

 

4月上旬に目標にしていた旅行に行くことを決断したため

安心していけるように以上のことをクリアしていく。

 

今回の黒幕

姿勢が丸くなることによってO脚になり大腿内側に過大な負荷がかかりすぎてしまったと思われる。