症例報告⑰(左足関節外反捻挫)


症例

20代 サッカーでボールを蹴ろうとした際に相手と接触し、捻ってしまった。

既往歴

足関節の捻挫は初めて

検査状況

左足関節 外反痛++

     背屈痛+ 底屈痛+

荷重痛+

三角靱帯(前脛距部、脛踵部)圧痛・腫脹+

背屈制限 不可

施術方法&結果

まだ急性期なので超音波などは禁忌となるため、メディプロで患部を施術

酸素オイルで骨間膜を緩め少し腫れも引いたことにより、足首を回す動きは少し改善された。

 

KTテープを腫れを素早く引かせるために貼り、包帯で固定した。

4/5現在

負傷したのが3/11、シーズン直前で早く復帰してリーグ開幕までには間に合わせたいということで、

治療をなるべく続けてきてもらうのと、酸素カプセルにもほぼ毎日入ってもらい、

現在は背屈制限もほぼない状態で、違和感なくサッカーが出来るようになった。

課題

まず背屈制限をできるように可動域を拡げていくことと、

早期回復には最初の3日が大事なのでその間の処置を怠らない。