一般常識に捉われない


こんにちは!    スタッフの鬼山です。

 

 

 

皆さんは『オスグッド・シュラッター病』という疾患を聞いたことがありますか?

 

 

 

もしかしたら、ブログを見ている方自身が、又は周りでなった事がある方がいらっしゃるかも知れませんね。

 

 

 

オスグッド・シュラッター病とは、スポーツを盛んに行う小学生~中学生の男子がなりやすい疾患で、特にジャンプやダッシュ、キック動作で痛みが出てきます。

 

 

 

主な症状としては、膝のお皿である膝蓋骨の下にある脛骨粗面という部分の圧痛、疼痛があります。

 

 

 

 

原因として

 

 

 

・太ももの前側にある大腿四頭筋の固さ

 

 

・身体の成長に伴う骨と膝周りの筋肉のアンバランスさ

 

 

 

が多いと言われており、治療としては超音波などの物理療法、アイシング、痛み止め服用。

 

 

 

再発予防では四頭筋のストレッチが有効的です。

 

 

 

 

ここまでが一般的に言われているオスグッドの概要です。

 

 

 

しかし、当院では痛みがあるところには原因はなく、別のところに原因があるという黒幕理論を元にオスグッドも治療します。

 

 

 

さらに、オスグッドにも実は『偽オスグッド』というのも存在し、その鑑別も行う事ができます。

 

 

 

当院では、

 

疾患に対する一般的な情報をお伝えし

 

その上で検査をし原因(黒幕)に対して治療

 

課題に対し早期改善、予防の為のセルフケアのやり方を教えます

 

 

 

なので、痛みが強くなる前にまずは一度ご相談ください!