腰痛と腎臓の関係


 

金沢区 交通事故治療 黒幕整体のたかこ整骨院です

最近は、保険外治療の黒幕整体の予約が殺到しています

それにしても難治性のものが多く日々帰宅してから研究している毎日です。

下肢への激痛で来院された60代男性

脊柱管狭窄症と診断されたそうですが、脊柱管狭窄症の固有症状がない!

脊柱管狭窄症の固有症状とは

この病気では長い距離を続けて歩くことができません。 もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、安静にしている時にはほとんど症状はありませんが、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。しかし、すこし前かがみになったり、腰かけたりするとしびれや痛みは軽減されます。

骨盤等のゆがみもあるのですが、どうやら

骨盤のゆがみは内科的な要素から来ているケースのようです

身体を捻ると激痛があるのですが、左の肋骨を引き上げると痛みが消失。 そして左右の腎臓に触れると左の腎臓付近だけ異常に固い!!

そこで左の腎臓付近をリフトするような施術をした所、症状が緩和

聞くと昔から腎臓は悪いとの事・・・

まだ症状が完全に消失したわけではないのですが

腎臓が腰痛と関係がある事も頭の片隅に入れておいてくださいね!

image007